senntakuki


引っ越してきた新居だが半家具付き物件のため洗濯機が付いていないことから新規で購入することにした。

まず選択肢としては新品と中古があるようだが、必要な機能は最低限として洗濯機と乾燥機である。

こちらは洗濯後にベランダで干す習慣がなく、部屋干しか乾燥機で一気に乾かすようだ。

なので、洗濯機と乾燥機をそれぞれ別で2機購入するか、一体型で1機購入するかになる。
予算は€500!

検討した結果、中古の場合は一体型はあまり流通がなく洗濯機と乾燥機をそれぞれで購入となるのだがそれぞれ€200+からとなるため、合計すると中古でも€500となる。
新品の場合は一体型で€400+からあり、且つ家電製品は壊れやすいと周りから聞いてたため数年保証がある新品を購入することにした。

さて次は機種だが、条件は洗濯機と乾燥機の一体型で容量は10Kとした。
家族2~3人であれば7~8Kで良いのだが、4人からとなると10Kはないと厳しいとの判断。

メーカーはドイツ製が第一希望で、Miele、AEG、Boschのどれか。

が、、、、10Kもので€500に収まる機種がなく、どれも€1,000は必要なためドイツ以外で探すことに。

なぜかEUで幅を利かせているのが韓国製のSamsungとLGだがこれはないな。。
Googleで検索を掛けて予算内で条件に一致するものを探したところ1機該当あったので迷わず購入とする。
メーカーは「Boke」でトルコのメーカー。Wikiで調べたところ近年ヨーロッパに進出しているイケイケ企業とのこと。税込みで€499ナリ。

直ぐに届いて早速試運転したところ、ちゃんと動いてくれて乾燥もできる。
また、細かい設定ができるのは気に入ったが一点だけ難点があった。
乾燥時の自動検知ストップ機能が付いていないため、乾燥は設定時間通りに動き続ける。
このため衣類によっては乾燥しすぎで縮むことが判明!
もう少し予算をだせばこの機能があるのだが、そもそもこの機能の存在をしらなかったので後の祭りとなる。
対策として乾燥時間を短く設定して乾燥しすぎを防げば問題ないので良しとする。

余談だが、今回はBOLと言うサイトでインターネット経由で注文をした。後で知ったのだが、このサイトで購入するとエレベーターの付いていないところはアパート前に置いてとっとと帰ってしまうらしい。購入したときに部屋まで運んで設置までお願いしたのだが、その後電話が掛かってきてエレベーターが付いているか確認していたのはこのためだろう。
たまたま住んでいるアパートはエレベーター付きだからよかったのだが、エレベーターがついていない住宅に住む場合は配送は気を付ける必要がある。
この件をオーナーに話したら、電化製品はクールブルーで購入すれば大丈夫とのこと。

スポンサードリンク